Question

Ikumo vDog on Thu, 16 Jul 2015 16:41:32


Unityで作成したアプリを提出したらWindows App Certification KitのSupported API testで大量のFAILEDが発生してリジェクトされました。

UnityEngineProxy.dllに関するエラーが数百個発生しました。
以下はエラーを一部抜粋したものになります。


Supported APIs

◦This API is not supported for this application type - Api=AnchoredJoint2D_CUSTOM_INTERNAL_get_anchor. Module=unityenginedelegates.dll. File=UnityEngineProxy.dll.


◦This API is not supported for this application type - Api=WindZone_Set_Custom_PropWindTurbulence. Module=unityenginedelegates.dll. File=UnityEngineProxy.dll.


同様の事例がないかUnityのサポートページで調べたところ該当するものがありました。

WinPhone 8.1 Certification Failure
http://forum.unity3d.com/threads/winphone-8-1-certification-failure.283426/


原因はWindows App Certification Kitのバグであり、VisualStudioを更新する必要があるとあります。
私は以下のバージョンのVisualStudioを使用しています。

Visual Studio Community 2013
Version 12.0.31101.00 Update 4

提出前にVisualStudio付属のWindows App Certification Kit 3.4でチェックしましたがSupported APIでエラーは出ませんでした。

なぜ付属のKitではエラーが出ずに審査中のKitではエラーが発生するのでしょうか。
これはUnity側の問題なのか、VisualStudio付属のKitが原因なのか、審査側のKitが原因なのかわかりません。
Unityのサポートの返答が正しいなら審査側Kitが古いものだということになります。

以上になります、よろしくお願いします。


vDog Top page http://vdog.iza-yoi.net/

Replies

Ikumo vDog on Sat, 25 Jul 2015 00:06:15


テストプロジェクトを作成し提出を繰り返すことで問題が発生する原因を調べてみました。

私のアプリはUnity5.1.2で作成したアクションRPGです。
3Dモデルのステージ1つを1つのSceneで管理しています。
ステージSceneが70個と、起動時のロゴとローディングを行うLoadMain、カメラやメインプログラムを管理するGameMainSequenceで構成されたプロジェクトになります。

・Unityで空のプロジェクトを作成: 通過
空のプロジェクトにカメラとCubeを置いたプロジェクトは審査に通過しました。


・LoadMainとGameMainSequenceのみ:通過
ステージSceneに問題があるようです。


・LoadMainとGameMainSequenceにステージSceneを徐々に追加
10個追加:通過
30個追加:通過
すべて追加:リジェクト
66個追加:通過
67個追加:リジェクト

最終ステージの4つ(以下の名前のScene)を減らしたものは通過しました。
map075_FloatingIsland04
map076_FloatingIsland05
map077_FloatingIsland05B
map078_FloatingIsland01B

しかし、map075_FloatingIsland04とmap076_FloatingIsland05を追加すると通過しませんでした。


・LoadMainとGameMainSequenceに上記の4つのSceneを追加したもの:通過

上記4つのSceneに何らかの問題があるのかと思いましたが、その4つだけを追加したものは審査に通過しました。
Scene自体には問題はないようです。

70個のステージからいずれか4つほど抜いたものは通過することがわかりました。
考えられる原因は、パッケージの容量、Sceneの数です。
そこで、以下の2つの方法を試しました。


・LoadMainとGameMainSequenceにダミーのリソースファイルを追加し、パッケージサイズを200MBにしたもの:通過

パッケージの容量が問題ではないかとダミーファイル(JPG)を入れて200MBにしたものを試したところ通過しました。
パッケージの容量の問題ではないようです。


・LoadMainとGameMainSequenceに150個のダミーSceneを追加:通過

Sceneの数の問題ではないようです。


現時点で試した結果は以上です。
審査にターゲット指定配布で1時間以上かかります。
自分で原因を解決するには非常に困難です。

そもそもWACKの結果がローカルと審査で結果が違うのがおかしいです。
審査のWACKのレポートにはWACKのバージョンが記載されていません。

これではローカルで使用するWACKの意味がありません。

同様の問題が他の開発者でも発生しています。

WACK test passed locally but failed after submission
https://social.msdn.microsoft.com/Forums/en-US/8f4515c9-77ca-4c1d-8d02-9db065add540/wack-test-passed-locally-but-failed-after-submission?forum=wpdevelop&prof=required

以上になります、よろしくお願いします。




vDog Top page http://vdog.iza-yoi.net/


Ikumo vDog on Wed, 29 Jul 2015 00:40:21


VisualStudio2013から2015へ変更したところ審査のWACKに通りました。